海外脱出ブログ 海外就職・移住事情
海外就職・海外起業・リタイアメントビザなどで海外移住(海外脱出)するか、それとも日本にとどまるか。どちらが幸せか考えていきます。ときどきサッカー
   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  人気ブログランキングへ

   


※ここまで細かい情報は日本在住の方には必要ないんですが、海外脱出を検討するうえで参考になればと思い書きました。

シンガポールで大変なのが部屋探しです。

会社が家賃を負担してくれる駐在員の場合、2〜3LDKでS$3000〜5000/月、あるいはそれ以上のコンドミニアムの一室すべて(「ユニット」と呼ばれる)を家族で借りることができたりしますが、現地採用の人はなかなかそんなわけにもいきません。
コンド、あるいはHDBという公共住宅の一部屋だけを間借りすることになります。
それでも、コンドを一部屋間借りするとなるとS$1000/月 は超えてしまいます。

一般的にHDBはコンドより汚い、上下左右の住民の生活音がうるさい・響く、シャワーの出が悪い、下手をするとお湯が出ない、などと言われていますが、契約前の部屋を見せてもらう(ビューイング)ときに部屋、とくに水まわりはしっかりチェックしましょう。


シンガポールはワンルーム等単身者向けの物件はほとんどありません。
3LDKの場合、リビングのほかに3室あるわけですが、1室はマスタールームというその部屋専用のトイレ・シャワーがついているもの、残り2室がコモンルームと呼ばれる部屋で、トイレ・シャワーはこの2つのコモンルームの住人の共用になります。
これがシンガポールで標準的な間取りです。

オーナーがその物件に住んでいる場合、オーナーはマスタールームを使い、残りのコモンルームを貸し出すことが多いです。
もちろん、3部屋すべてを貸し出している物件もあります。
その場合、マスタールームを借りることもできますが、当然コモンルームより割高です。

なお、バスタブはコンドミニアムですら付いていなかったりします。
もちろん、お金さえ出せばバスタブ付きの物件はありますし、借りられます。


 部屋探しはネット掲示板で

物件探しですが、不動産屋に頼むのがひとつ。

それ以外には、ネット掲示板でルームシェアのシェアメイトを探すことも可能です。
大家と賃借人が直接やりとりするのでエージェント(不動産屋)に仲介料(相場は家賃1ヶ月分)を払う必要もありません。
まあ、掲示板に不動産屋が物件情報を出してることもあるんですが。

シェアメイト探しで有名なのはこのあたりのサイトです。
シンガポールお役立ちウェブ シンガポール生活情報掲示板
いちばん上のカテゴリーの一覧から「住まい」を選択
ここはエージェント立ち入り禁止で、貸し主は日本人がほとんどです。

日本人の貸し主にこだわらないのであれば
・singapore craigslist (> housing > rooms & shares)
・Singapore Expats (> Room Rental > Share Flat, Room For Rent)

あたりでも部屋を探すことができます。


コンドやHDBのコモンルームを借りる場合、ベッド・机(と椅子)・タンス・エアコンは備え付けになっているところが多いです。
また家賃は、PUB(光熱費)、インターネット通信料込みのものを載せている物件が多いです。

実際に借りる前に確認しておきましょう。

 


 男性受難の部屋探し

シンガポールお役立ちウェブを見ると
「オーナーの希望により、女性限定とさせていただきます」
という物件が多いことに気付くと思います。
「お役立ちウェブ」に掲載されている物件だと、半分くらいは女性限定じゃないかな。

男性の方は大変ですね。


 気に入った物件はすぐ押さえる

前出のサイト等でよさそうな物件を見つけたら、貸し主に連絡してビューイングさせてもらうわけですが、その際、見に行く前でもいいですが、以下のことは確認しておいたほうがいいです。

・洗濯できるか。干す場所は?
貸し主がメイドを雇っていて、メイドが洗濯・掃除をやってくれる、なんていう物件もあります。
・冷蔵庫は使えるか。貸し主と共用の場合、ギュウギュウ詰めじゃないか
・部屋にカギはかかるか
・リビングは使用できるか
・トイレ・シャワー・リビング等の掃除は誰がやるのか


これはシンガポールに限りませんが、不動産は基本的に早いもの勝ちです。
貸し主としては1日でも早く借りる人が決まったほうがいいわけですし。

部屋やその周辺の生活環境を見て、気に入ったら、すぐにその物件を押さえてしまった方がいいでしょう。
部屋を押さえる(予約する)には、こちらでデポジットと呼ばれている敷金(家賃1ヶ月くらいが相場)を貸し主に払うのが慣例です。
貸し主と口約束をしていても、後から見に来て自分より先にデポジットを払った人に貸すことになった、ということは普通にあることです。

なかには、気に入ったらその場でデポジットを払って部屋を押さえるため、現金を持参して部屋を見に行く人もいます。そのくらいのスピード感は必要かもしれません。

なお、シンガポールでは、デポジット(敷金)を払って部屋を押さえた後、もっといい物件が見つかったので予約をキャンセルする、といった場合、貸し主に払ったデポジットは戻ってきません

■関連エントリー
シンガポールでの就職
シンガポールで就職 最新事情2011
シンガポール現地採用で働く日本人
シンガポールで働くということ 1.優秀な政府が土人を管理する国
シンガポールの永住権(PR)取得が格段に難しくなった!
シンガポール コンドミニアムでの生活

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  人気ブログランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://escapejpn.blog29.fc2.com/tb.php/136-68f53371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Copyright © 2010- 海外脱出ブログ 海外就職・移住事情 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。